防水がきれてしまうと危険!腐食しかけているベランダを新しくつくりました

ベランダの防水がきれてしまった後、正しい防水工事を行っていなかったため、ベランダが腐りかけてきている、とのご相談をいただきました。

現状を拝見したところ、既に雨水が浸透しベランダの下地材まで腐食しておりました。

ベランダをすべて撤去し、新しく新設。

Before
t_before

After
t_after

建物の防水工事は、雨漏りを防ぎ、生活水の漏水を防ぐために大事な工事です。

⼀⼾建ての家はもちろん、ビルやマンションにおいても重要です。

防水の基本は、建物の表に水を通させない膜を作ること。

定期的な点検をし、必要な箇所には防水を施しましょう。

防水の寿命は、おおよそ10年から15年といわれています。

まずは、下記のような症状が出ていないかチェックしてみましょう!

  • 壁などの目地に埋め込まれたシーリング材は傷んでいませんか?
  • 壁や屋根にヒビは入っていませんか?
  • 防水シートがめくれていませんか?
  • 防水目的で塗装した塗料は剝がれてきていませんか?

上記のような症状を発見されましたら、早めに適切な対処をおすすめします。

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]