古い部屋を新しく。とことん住み心地にこだわりました

「古い部屋を新しくしたい」
というご要望をいただき、着工させていただきました、今回の工事。

特にこだわりましたのが、「住み心地」

改築いたしました、お部屋

住みやすさを重視した改築工事が完成

夏の暑さ、冬の寒さを我慢するのがツライ。
年齢を重ねてくると、身体への負担が気になる。
やっぱり、いつまでも健康で元気に動き回っていたい。

私自身、強くこう思うようになりました。
そして、人生の多くの時間を過ごす「家」を作る担い手として、
もっと家って快適なものになるんです。
もっと家の性能がよくなれば、健康的に毎日過ごせるんです。
そういったことを、きちんとこれから家を建てる方に伝え、知って欲しいと思っています。

家の快適性を上げるためには、高気密・高断熱住宅にすることが重要

その中で、今回、改築工事させていただきましたお客様のお部屋は、お部屋の快適性を上げることはもちろん、自然素材を使うことも重視しました。

*高気密・高断熱住宅のこと。詳しくはこちらをご覧ください

最も大切な窓。樹脂サッシと断熱性の高いLow-eガラスを採用

高気密・高断熱なお住まいになるように、窓は断熱性能の高い、YKK APの樹脂窓とLow-e ガラスを採用。

省エネ等級★★★★ YKK AP

窓は、家の中で、最も熱損失が高い部分。
つまり、熱を流出入しやすい、アルミサッシに単体窓のままでは、いくら部屋でクーラーをかけても部屋は一向に涼しくならない。
なぜなら、窓から冷房で冷やした部屋の中の空気が逃げ、代わりに真夏の暑い外気が部屋に入ってくるからです。
これでは、部屋が暑く過ごしにくいのはもちろん、冷房をガンガンにつけるわけですから、光熱費の負担も大きくなります。

冬も同じで、窓の断熱性能が低いと、せっかく暖めたお部屋のあたたかい空気が外へ逃げ、外の寒い冷気が部屋の中へ入ってきます。
これによって、冬の住宅の大きな悩みのひとつ、結露が発生します。

家の断熱性能を上げるためには、断熱性能の高い窓にすることは必須条件。

ということで、樹脂サッシとLow-e ガラスで、窓の断熱性能を高めました。

高性能な断熱材を壁に入れる

適材適所に、適切な断熱材を入れることも、高気密・高断熱住宅には欠かせません。
壁の中に入ってしまう断熱材。
入ってしまえば、目に触れることがありませんから、どんな断熱材が入っているか外からはわかりません。

しかし、完成してからの家の住み心地でわかります。

冬、家が寒すぎる。夏、家が暑すぎる。
そんなお悩みが解消されます。それは、高性能な断熱材を使っているから。
たとえ目に見えなくても、そのあとの家の住み心地が証明してくれます。

コストはかかるかもしれませんが、適切な断熱材を選ぶことは、長くその家で住むために、とても重要な選択です。

自然素材を活かした家作り。

素敵なお庭が窓から見える、今回のお客様宅。和の雰囲気にあった家作りのためにも、床はクリの無垢材を採用しました。

無垢材の素晴らしさは、やはり体感していただくのが一番です。
なかなか文章ではその良さが伝わりにくいのですが、、、
やはり、やわらなか踏み心地と、木材の天然のやさしい香り。調湿効果にもすぐれ、夏はひんやりと冷たく、冬はほんわりとあたたかいその感覚に、裸足で寝っ転がりたくなる感触がたまりません。

同じものが二つとない、その木が持っている独特の木目の美しさ。地球環境にも配慮されており、ヒトにもやさしく、長く楽しめます。

*自然素材を活かした家作りのこと。詳しくはこちらをご覧ください。

美しいクリの木目

引渡し前に、入念なチェックを行います

ということで、今日は、自然素材を活かし、かつ、高気密・高断熱な住宅になるように仕上げました改築工事の現場のご紹介でした。

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]