鉄筋コンクリート造の住宅を改装

築30年以上経っている、鉄筋コンクリート造住宅のリフォーム工事のご紹介です。

★古い和室1室を洋室に改装する。
もう一つの和室は、畳を新調し、襖を張り替える。
★RC(鉄筋コンクリート)の建物の古いサッシをカバー工法で新しく作る。

がこのたびの工事内容です。

☆築30年以上経過している鉄筋コンクリート造住宅をリフォームするときの主な注意点☆

1、躯体が雨漏りをしていないか、全体的にチェックすること
2、鉄筋コンクリート造は、鉄筋が錆てしまっていたら、致命傷です。錆ていないか、チェックしましょう!(錆てしまっている場合は、補修が必要です)

そして、今回のお客様宅。
鉄筋コンクリートは、構造体を変更することは出来ませんが、内装材を新しくすることは可能です♪
昔の壁を取り除いてクロス壁に改修したり、押入れをクローゼットに変えたりと、
現代風に生まれ変わります!

施工前&施工中

2階の和室です。
古い壁を、クロス仕上げのするために、ベニヤ下地の施工中です。

熟練の技を持った匠職人が、心を込めて一生懸命施工しております!

また、アルミサッシは、長年使用し、開閉がしにくくなっているため、新しい扉へ変えます。
今回は「カバー工法」を採用!

『カバー工法とは?』
既存のサッシ枠の上から、新しい枠を取り付ける方法。
古いサッシを取り除き、枠を残したまま新しいサッシを取り付けるため、壁や床を工事することなく、サッシの取替が可能となります。
そのため、スピーディな作業が可能となります。
また、断熱効果を上げる仕様にも変更可能です。

施工後 完成お写真

和室から洋室へイメージチェンジ!間仕切り壁とクローゼットを新しくしました!

昔ながらの収納をハイクローゼット仕様に変更。この後、製作家具を取り付けます。 収納力もぐんっと上がりました。

アルミサッシは、カバー工法を採用。既存のサッシの上から、新しくサッシを取り付けました!

サッシが新しくなり、開け閉めもスムーズに出来るようになりました!

RC躯体の上に、下地材を貼り、クロスを貼りました。

畳、襖が新しくなりました!襖は今風の柄をチョイス♪

今回、お客様が最も気にされておりました、古くなっていた壁が、クロス仕上げで綺麗に仕上がり、大変喜んでいただけました。

ということで、今日は、築30年以上経過している鉄筋コンクリート造住宅の改装工事のご紹介でした。

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]