ヒートショックとは??

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血管が収縮・拡張し、血圧を変動させることで起こる人体へ悪影響を及ぼすこと

真冬時に暖房のきいた温かい部屋から、気温の低いトイレや洗面所、お風呂場などに移動したときに、その温度差によって血圧が変動し、心筋梗塞などの重大な病気を引き起こすことがあります。重大な血管事故にもつながることも。

気温が低い冬の時期は、家の中でも寒暖差が生じやすいので、室温が低くなりがちなトイレやお風呂場、脱衣場、洗面所などは要注意です。
ただでさえ、冬は血管に負担のかかる季節といわれているそうです。

突然の温度変化による血圧の上昇・下降は血管に負担をかけるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞など取り返しのつかない血管事故につながることも知られています。

日本では、2011年の1年間で約1万7千人もの方々がヒートショックにより引き起こされた病気で亡くなっていた、との調査結果もあるようです。
この数は、年間の交通事故による死亡者数の3倍以上に上ります。
いかに多くの方がヒートショックで亡くなっているかが分かります。

また、真冬時期、特に1月は、入浴中に心肺機能が停止する人の数が、8月に比べて、1月は11倍に達するそうです。これも、ヒートショックが一因と考えられます。

ヒートショックを予防するためには

1、急激な温度変化を避けるため、室温が下がりがちな、洗面時、脱衣所やトイレを暖房器具で暖めておく。

2、入浴前に浴室をシャワーなどで暖めておく

3、真冬の時期は、比較的気温の高い夕方などの時間帯に、入浴をすましておく

4、入浴時は、最初から熱めの温度にせず、ぬるま湯から身体をならす。
そして、高気密・高断熱住宅は、そのヒートショックを予防する住宅が、高気密・高断熱住宅なんです。
寒すぎる家は、ヒートショックの危険が高いです。
高気密・高断熱で、寒すぎる家から、冬でも暖かい家へ。
そういった理由から、高気密・高断熱住宅は健康住宅、とも言われる所以なんです。

☆高気密・高断熱住宅について、詳しくは→こちら

☆中川忠工務店は、高性能は高気密・高断熱住宅を建てるパッシブハウスジャパンの会員です。詳しくはこちら

高気密・高断熱住宅は、高性能な断熱材を適所に施工します!

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]