築年数相当年数以上経っているお家のリフォームをする際に気をつけたほうがいいと思うこと

一番の問題点は耐震

1981年以前当時の耐震基準で建てられた家は、やはり、耐震強度が今よりもずっと低いです。
耐震リフォームは、自治体が費用の一部を補助してくれる場合もありますので、まずは耐震診断を行い、耐震補強を必要に応じて適切に行うことが重要です。
いつ大きな地震が起きるかわかりませんので、早めの対処をおすすめいたします。

構造躯体が傷んでいないか?!

築年数が相当年数経過している家をリフォームする場合、次に気を付けていただきたい点は、
◎建物の土台、柱、簗、などの主要な構造に関わる部分が傷んでいないか
ということです。
腐食してしまっていないか?
シロアリ被害に遭っていないか?
素人判断では難しいですので、専門家に診てもらうことをおすすめします。

また、構造によってはリフォームが難しい場合もあります。

水道管、下水管、配線、断熱性などのチェック

◎年月とともに傷んでしまう、水道管、下水管のチェック
流れが悪くなっていないか?
◎昔ながらの配線(タコ足配線など)ではないか
◎断熱性、気密性はどうか
結露によって、カビやダニなどが発生していないか

建築基準法に合わせたリフォームを行わなければならない

大規模リフォームを行う場合、建築基準法上、建築確認の申請が必要になります。
その際、壁や基礎など、補強が必要になってくることもございます。

また、すべての居室に換気システムの設置、および、寝室には火災報知器の設置義務があります。
そういったことも、リフォームをお考えの方は、知っておかれると良いと思います。

個人的は「良い住宅を長く使っていく」考え方が好きです

私は、一生かけて払っていく住宅ローンが払い終わった後、資産価値が残る家を建てていきたいと思っています。
今の日本では、20年、30年経つと家を取り壊し、新たに家を建て替える傾向が強いです。
しかし、私は、親から、子供、そして、孫へと住み継いでいただける家が当たり前になっていくといいなあと思っています。

築年数が経っていても、リフォームすることの私が思う良い点

◎長年住み慣れたマイホームの思い出を残せる
◎思い出の柱など、風情あるもの、使えるものを残し、リフォームも可能
◎立地条件等で、建て替えが難しくても、リフォームすることはできる
◎(構造にもよるが)希望通りの間取りにリノベーションすることができる

もちろん、新築とリフォームで、費用を比べることも大事です。
それぞれのお家にとって、良い方法を選ばれるといいと思います。

(平成29年9月最終更新 中川義仁)

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]