外壁の塗装。塗り替えをする時期と、その注意点について

外壁の塗り替えをいつ行ったら良いのか?その目安についてご説明します!

劣化が進んできている外壁のお写真例です

外壁の塗り替え、いつかは行わないといけないもの

家の壁は、毎日過酷な状況にあります。
砂埃、雨、紫外線、、、様々な外的要因から毎日家を守ってくれています。
従って、外壁が劣化していくことは避けられないもの・・・。

一般的に、外壁の塗り替え時期は、
家を建ててから10年が一つの目安と言われています。
(ただし、家の立地条件、環境、建物の構造、使用した塗料などで、耐用年数は大きく左右されます。あくまで目安です)

理想的な外壁の塗り替えは、10年ごと。
定期的に塗り替えることによって、家の美観を維持できるだけではなく、家が長持ちする手助けになります。定期的に塗り替えを行うことにより、家は約3倍長持ちする、とも言われます。
また、定期的に塗り替えを行うことにより、どうしようもないほど悪化した状態になってからの外壁の補修や塗り替えよりも、費用がぐんっと安くてすみます。
何でもそうですが、悪くなりすぎてからの補修は、費用が莫大にかかってしまうこともあります。

外壁の塗り替えは家の美観を保つたけじゃない、とっても大切な役割をしているんです。

〇雨漏りを防ぐ・・・外壁が劣化してくると、水が浸入してきて雨漏りの原因になります。

〇家の劣化を防ぎ、補強になる・・・家が長持ちすることにつながります!

カンタン!ご自宅の外壁セルフチェック方法

家を建ててから約8年程経過してきたら、月に1回程度はご自宅の外壁をチェックしてみてください!

以下の項目にチェックが入ったら・・・外壁の塗り替え、もしくは、補修時期にきているのかも?!
〇特に西日があたる壁は劣化のスピードが早いと言われておりますので、入念にチェックしてください!

・外壁にひび割れがある
・外壁塗装が剥がれてきている
・外壁に汚れが付着している
・外壁が色あせている
・塗装がふくれている部分がある
・カビが発生している
・藻が発生している

・サビがある
・腐食しているところがある
・チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁の塗装面に起こる劣化現象のひとつ。壁を手で触って、写真のように白い粉がつく現象です。

指が真っ白になるほど粉がついたら、早めの塗装が必要なサインです

サイディングのコーキングに亀裂が入ってかなり劣化している一例写真です

サイディングの場合は、サイディングの継ぎ目のコーキングが劣化してきたら、塗装を考える時期にきていると思われます。

外壁塗装を行うにも不向きな時期があります

いつでも外壁塗装を行ってよい、というわけではありません。
気温5度以下や、湿度85%以上だと、塗料の乾燥が遅くなってしまいますので、あまりおすすめできません。
つまり、真冬や梅雨時期は避けた方がいいですね。
真夏も避けた方がいい季節。気温が高すぎるのが良くないです。

と、なると春か秋が外壁塗装に良い季節ということになります。
あとは、雨の問題。安定した気候の時期に、外壁塗装を行ってください。

従って、外壁の塗り替えは、事前によく計画して行うことをおすすめします!
外壁の時期についてお悩みの場合は、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]