おうちの結露対策

寒い冬のおうちのお悩みのひとつ、「結露

IMG_1939

結露!

そもそも結露はどうして起きるのか?

カンタンに説明しますと、
暖かい水蒸気をいっぱい含んだ空気が冷やされること」により発生します。
空気は高い温度のときほど水蒸気をたくさん含むことができます。
ですから、暖房などで暖められた空気が冷たい外気温で冷やされるため、
窓やサッシ部分で結露が多く発生するんですね。

水蒸気を含んだ暖かい空気が、湿度の低い建材に触れることによって発生する結露。
結露は、ダニやカビの発生原因になります。結露してしまった場合は、すぐに水滴を拭き取るなどの対策が必要です。放置していると、家が汚れるだけでなく、ダニやカビが発生し、アレルギーなどの健康被害の一因となってしまいます。

「結露」を防ぐには?

家の壁・窓・天井などの表面温度を下げないことが重要→住宅の断熱化が大事!
家を建てるときから、家の保温性を高める断熱をしっかり行うことが重要です!

家全体の断熱性を高め、家の中に冷えた部分を作らないことが大事です。
結露しやすい窓は、断熱性能の高い複層ガラスや樹脂サッシの窓にお取替えすることをおすすめします♪(後述します)

結露に注意してほしい家の場所

普段あまり使っていないお部屋・納戸なども注意しましょう。
現在の住宅は気密性が高いため、家の中で発生した水蒸気が屋外へ逃げにくくなっています。
水蒸気は家の中を自由に移動するため、温度の低い場所で結露を発生させてしまいます。
水蒸気は、炊事・入浴・ストーブ、そして人の体からも出ていますので、生活していると常に出ていると思っておきましょう。

◎家に極端に冷えた場所がある場合は要注意!
→従って、家全体をしっかりと断熱することが結露発生の抑制につながります

◎押入れ、家具の裏側などにも注意を!
→家具は壁と密着させず、空気の流れを作るように壁との間に隙間をもうけましょう。

→押入れは通気性が悪くなりがち。スノコなどを用いて、空気を循環させるようにしましょう。
☆布団はよく乾燥させてくださいね!

◎温度の下がりやすい家のコーナー部分にも気を配ってください
◎室内の湿度が高い状態にならないように、除湿器なども活用し、湿度をコントロールしましょう

☆カビが好む温度は25~35℃。湿度は75%です!

現在の家は、まさにカビが発生しやすい住宅といえます。
有機化合物でできた建材(塗料・ビニールクロス・合成皮革など)をカビは栄養源とします。
従って、カビを繁殖させないためにも、家の断熱化は重要です!

今からできるカンタンな結露対策

◎カンタンにできる結露対策

☆家の換気をこまめに行い、室内の水蒸気を外へ逃がすように心がけましょう!
冬の空気は乾燥しているため、少しの換気でも効果的です☆
・洗濯物を室内に干さない
・換気扇・除湿器を有効活用する
・カーテンやブラインドを長時間閉めっぱなしにしない
ちょっとしたことですが、気を付けると大きな結露対策になります!

◎結露しにくい窓はこんな窓
☆逆に結露しやすいのは、私の家のような1枚ガラスにアルミサッシ(苦笑)

☆結露しにくい窓は、複層ガラスの樹脂窓!
複層ガラスと樹脂フレームは熱を伝えにくい!

☆既存の窓に内窓を取り付けることも効果的!

窓を断熱化すると、結露軽減するだけでなく、室内の寒い場所を減らすことにもつながります。
つまり、部屋の寒さ対策にもなり、暖房費削減にも♫

IMG_5615 (2)

新築させていただきましたT様邸では、すべての窓に樹脂窓を採用。 お部屋の夏の涼しさ、冬の暖かさに、驚かれるとともに大変ご満足いただいております♪

 

お家の結露には十分お気を付けください!

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]