癒し効果抜群の植物。緑のある生活始めませんか

何かとストレスを感じやすい現代人にオススメの、お部屋の中を癒しの空間にするコツをご紹介します♪

◎「植物」を家の中に置く、素敵な効果 4つ

1、ストレスホルモンの分泌量が減る

ストレスで私たちの体がダメージを受けると、回復するために、「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。

コルチゾールは、脳のエネルギー源である糖分を確保したり、免疫力を調節して炎症をおさえる働きを持つ、身体の機能を正常に保つために必要なホルモン。

コルチゾールの分泌量が多いと、身体はたくさんのストレスを受けている、ということになります。

部屋に植物を置いて過ごした場合と、植物を置かないで過ごした場合を比較すると、植物を置いていた状況の方が、コルチゾールの分泌量が減ったという実験結果が報告されました。

つまり、私たちの視界に植物があると、ストレスが緩和される、という嬉しい効果が実証されたということになります。

2、空気中の有害物質を吸着してくれる

植物は、葉にある気孔という小さな開口部から、空気中に存在するホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着する働きがあります。

ホルムアルデヒドは、体調不良や疲労感などが感じやすくなるシックハウス症候群の原因になる化学物質。

そういった有害物質を吸着してくれる植物・・・とてもありがたい存在ですね!

3、カビの胞子やバクテルアの活動を抑制する物質を放出してくれる

植物には、葉や根から、空気中のカビの胞子やバクテリアの活動を抑制する「フィトケミカル」をいう物質を放出する働きもあります。

植物を置いた部屋と置かない部屋とを比べると、カビの胞子やバクテリアの数が少なくなる、といった検証結果も出ているそうです。

4、湿度を上げてくれる

植物は、葉から蒸散する水分によって湿度を上げる働きがあります。

乾燥が気になるお部屋には、植物を置いてみてはいかがでしょうか。

5、まとめ

このように、植物は、空気中の有害物質を除去してくれたり、抑制してくれることで、室内の空気を綺麗にしてくれる手助けをしてくれます。

ゴムの木やガーベラは、特に空気中の有害物質の除去能力が高いそうです!

ゴムの木

ガーベラ

何かとストレスを感じることが多い毎日。
せめておうちに帰られたときはゆっくり、リラックスして、身体を労ってあげてくださいね。

おまけ 中川忠工務店も植物を育てています!

事務所で育てている植物をご紹介します!

頭の良くなる花 カランコエ

 

カランコエ

 

前からあるカランコエ 蕾ができてきました。花が咲くかな?!

ミニ観葉植物たち。大きく育てたい!

南天の木

金の成る木

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]