自宅でも起きる熱中症に注意

本格的な夏がやってくると気を付けていただきたいことは、やはり「熱中症
そして、特にご高齢の方は気を付けてください!

熱中症患者の半数近くを占める65歳以上の方、その60%以上が自宅などの室内で熱中症を起こしています。

エアコンの冷気が苦手だから、冷房を我慢してしまう・・・なんてことはありませんか?

おうちの中にいるからと油断しないように、エアコンが苦手な方は、より夏の暑さ対策を行いましょう!

abc0ff45e6ae6e85e97e05a344695210_s

ご自宅で熱中症にならないためには、やはり部屋を快適な室温にしていただくことが大切です。
暑すぎるお部屋は危険です。暑さ対策をしっかり行って、冷房が効く部屋にしましょう。

冷房が効くお部屋にするためには、、、お部屋の断熱性を高めることが大切です。

お部屋の断熱性を高めると、冷気が逃げにくくなり、エアコンの効き目がぐっと良くなります。

冷房費も抑えることができ、エコで快適な夏を過ごすことが出来ます。

では、お部屋の断熱性を高めるには??

*日差しの対策は“部屋の外側でのカット”が一番効果的!

67d6a9c48df64fa688bc940113879061_s

暑い日差しは、部屋の中に入る前に遮りましょう。部屋の中でカーテンで遮っても、実は熱がこもって暑さ対策になっていません。

太陽の熱が部屋の中に入る前に、簾(すだれ)・よしず、などを取り付けて、日差しをカットしましょう。

こちらのスタイルシェードもオススメです。

スタイルシェード

太陽の熱を窓の外側で効果的に遮るため、窓から入る太陽の熱を約78%もカットできます。
カーテンやブラインドのように光を遮りすぎたり、風通しが悪くなることもありません。

使用しないときは、簡単に収納も可能です。
熱の大部分を窓の外側でシャットアウトすることにより、室内の温度上昇を防いでくれます。

窓を変える

暑さの原因はなんと、7割が窓 にあります。熱が夏の冷房中に、窓から入ってくる割合はなんと約73%!

今、日本で多く普及しているアルミ枠に単体ガラスの窓は、非常に熱を通しやすいです。

そこで、窓の熱の流出入を出来る限り防ぐために、窓の断熱性能を高めることで、夏のお部屋の冷房の効きがよくなり、涼しいお部屋作りにつながります。結果、夏の冷房費の削減にも!

熱を通しにくい樹脂窓に変える、内窓を取り付ける、などの対策をすると窓の断熱性能を高めることができます。

暑い暑い夏、しっかりと対策をとって、快適で楽しい夏にしたいですね!

3879bacaefcbccf432215e4e9fe0aac2_s

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]