雨漏りの被害からお家を守る。

いつまでも安心・安全なお住まいを保つために。
注意したいことの一つが雨漏り。今回は、雨漏り被害に遭わないために、ベランダの注意点についてご紹介します。

築30年以上・ベランダの手すりが鉄製で、かつ笠木がついていない場合は要注意!

1、築30年以上経っている

2、ベランダの立ち上がりに笠木がついていない

3、鉄製の手すりがコンクリートからそのまま出ている

4、家を建ててから一度も雨漏りの点検をしたことがない

以上の4項目、すべてに該当するおうちにお住まいの方は、一度雨漏りの点検をされることをおすすめします。

実際に、ご相談をいただいたお客様宅。
築30年以上のおうち。

15078650_926089850855128_3979612852970554784_n

雨漏りのご相談があった実際のお客様宅のベランダ

鉄製の手すりを笠木(被せるやつ)を付けずに取り付けられており、その箇所が雨漏りの原因になっていました。
また、昔はドレン回りがブリキでできており、経年劣化により雨漏りが起きることが大半です。

%ef%bc%94

笠木が取り付けられていない、むき出しの鉄製のベランダ手すり。経年劣化により、隙間から雨が入ってくるようになります。

%ef%bc%95

ベランダの排水口。中がブリキ製のドレン材のため、経年劣化により穴が開いてきています。その部分から雨が染み込んできます。

ベランダの防水をやり直していらっしゃっても、肝心なドレン廻りを改修していないことが多く、これも雨漏りの大きな原因のひとつに。

15220166_926089877521792_1909460883586865445_n

これがドレン。昔はブリキ製が大半。このブリキ製ドレンは年月とともに劣化し、雨漏りの原因となります。

今回のお客様宅は、雨漏りに気付き、ご自身で対処されたそうですが、直しきれていなかったそうです。
そうこうしているうちに、壁までビチョビチョになり、内装まで修繕しないといけなくなっていました。
施工費用がさらにかかってしまう結果となりました。

雨漏りは虫歯と同じ。放っておいても直ることはなく、逆に状態は悪化します。

雨漏りかも?と思ったら、とにかくご相談ください。

雨漏りは、私たちのような建築に携わっている者でも、原因がつきとめにくい非常に難しいケースもあります。
放置していると、お住まいの状態は悪化するばかり・・・
あなたの大切なお住まいを守るためにも、早めの対処をおすすめします!
まずはお気軽にご相談下さいね!

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]