屋根と樋の経年劣化にご注意ください

先日、大屋根にのっている温水パネルを撤去してほしい、というご要望がありました。

温水パネル自体は、非常に良い商品だと思います。
ですが、温水パネルは、太陽の熱で水を温めるので、常に屋根の上に何十リットルの水がたまっていることになります。
今回のお客様のおうちは、築30年以上経過。新耐震基準で建てられたお住まいではありますが、当時、このパネルを設置するための屋根の補強は十分に行われていなかったようです。
ですから、パネルの重みで、段々と2階の建具が動きにくくなる、といった不具合が出てきました。
そして、このままだと、大きな地震が起きるととても危険です。
そういった理由から、撤去することになりました。

撤去のために、屋根の上に上ります

撤去のために、いざハシゴをかけて屋根の上にのぼると。。。

・瓦自体は大丈夫だが、漆喰(しっくい)が取れている
・樋が経年劣化で、分離してしまっている

といった、新たな不具合が見つかりました。

放っておくと、雨漏りにつながる危険性がありますので、こちらも補修していくことになりました。

やはり、お住まいも、定期点検がとても重要です。
特に外部は、日々雨風にさらされていますので、どうしても年月と共に劣化してしまいます。
普段、見えにくいとことではありますが、定期的にチェックしてくださいね!

 

お気軽にお問い合わせください。072-857-6138受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]