寒くて暑い家は断熱リフォームで快適住空間になる!

住みながらできる断熱リフォームもある

こんにちは!一年中快適な室温で暮らせる、高気密・高断熱住宅作りが得意、枚方市の中川忠工務店、中川義仁です。

毎日ホントに寒いですねー。
寒さは思ったよりも身体に負担をかけますからご注意ください。

特に外の寒さよりも、気を付けるべきは家の中の寒さです。
室内の寒さが原因で、死に至る病を発症することもあります。

これから家を建てることをお考えの方は、ぜひ、家の気密性・断熱性に気を配ってください。
低断熱の住宅に比べ、高気密・高断熱住宅は建築コストはかかりますが、その分長く暮らす家の快適性・耐久性・省エネ性が上がり、月々の光熱費の負担が減ります。

では、今お住まいのお家が寒い場合はどうしたら良いのでしょうか。
家が寒いからといって、すぐに家を建て直すというわけにはいかないことも多いと思います。
また、立地条件で建て替えが難しいこともあったり、ご先祖様から受け継いだ大切な家を取り壊さず住み継ぎたいというご要望もあるでしょう。

では、既存住宅の寒さを解消する方法はあるのでしょうか。

寒くて暑い家は断熱リフォームで変えることができます!

今お住まいの家で、寒さや暑さにお悩みの方へ。
特に冬季の寒さは我慢して住み続けると、ツライだけではなく、思わぬ重篤な病気(心筋梗塞・脳梗塞・脳出血、など)を引き起こす原因となることも。
また、風邪を引きやすい・アレルギー疾患が悪化する・腰痛、関節痛が悪化する、などの健康リスクを高めます。

お住まいは健康の基盤。
適切に断熱された家は、冬あたたかく夏涼しく快適なだけでなく、そういった健康リスクを減らし、毎日を元気で健康的な生活を送る手助けとなります。

既存住宅を断熱リフォームする方法とは?

1、断熱材を入れなおす

断熱リフォームは、高性能な断熱材を適所に入れることが大切です。
気密性を上げるために隙間なく適切に、断熱材を入れます。

◎壁や床をはがして入れる または
◎既存の壁や床はそのままに、部屋の内側や床下から断熱材を施工 することも可能です。

2、低断熱の窓を高性能な高断熱の窓に変える

窓の断熱性能が低い場合、窓を高断熱の窓に変えないと、部屋の断熱性は上がりません。
窓を交換したり、内窓を設置することにより、窓の断熱性を上げます。

この2つを行うことにより、部屋の断熱性を上げることができます。

1部屋からできる断熱リフォーム

健康リスクが高まる原因は、家の中の温度ムラ。
あたたかい部屋から寒い廊下や浴室、トイレへ移動する、こういった家の中の温度差が、私たちの身体には大きな負担となるのです。

従って、断熱リフォームする場合、最も過ごす時間の多い部屋1室だけの局所断熱ではなく、家全体を断熱リフォームすることがベストです。
しかし、家全体の断熱リフォームはコストもかかります。
毎日使用するキッチン、リビング、廊下、寝室、トイレ、浴室、洗面所、脱衣所等を生活範囲として結び、その生活範囲を断熱リフォームすることも可能です。日々の生活動線に沿って断熱することで、どこにいてもストレスなく、健康で快適に毎日を過ごすことができます。
また、浴室のみ、寝室のみ、リビングのみ、などの局所断熱リフォームも可能です。

寒さが身体にこたえやすい高齢の方、子供さんが過ごす場所を中心に断熱リフォームを検討されると良いと思います。
また、ヒートショック事故が起きやすく暖房設備が無いことが多い、トイレ、浴室なども断熱リフォームのオススメ場所です。

工事内容にもよりますが、既存の壁や床をそのままに断熱ボードを設置していく断熱リフォームにする場合は、仮住まいすることなく、住みながら断熱リフォームすることができます。工事は1部屋数日で施工可能。手軽に断熱リフォームができます。

実際に断熱リフォームを行った方からの嬉しい感想

断熱リフォームを行った後、お部屋の室温が上がったという嬉しいお声をいただきました

・暖房してもあたたまらなかった足元の冷えが解消した
・冷たかった壁や床の表面温度が上がった

という嬉しいお声もいただいております。

また、夏には、
・外出時締め切っているとむっとした暑さになっていた部屋の暑さがマシになった。
・冷房の温度設定を上げても、冷房の効きが良くなった。
という感想も頂戴しております。

最後に

お住まいの環境と私たちの健康とは深い関係があります。
毎日過ごす家だからこそ、安心・安全な健康的なお住まいであるべきです。
運動や喫煙などの生活習慣、食習慣は、健康に良いものにしようと意識する方も多いと思います。
しかし、寒さや暑さから身を守るための健康的な住環境については、健康のために改善しようとする意識がまだまだ低いのが現状です。

適切に断熱し、家の中をあたたかく適切な室温に保つことは、私たちの健康にとても大切なことです。

ぜひ、ずっと元気に健康に暮らしていくためにも、断熱リフォームについて真剣に考えてみて下さい。

本日は以上です。

◎一年中快適な室温で暮らせる、高気密・高断熱住宅作りが得意。
自然素材をふんだんに使い、安心・安全なお住まいを建てます
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6-52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

 

 

 

もっと皆さんが住んでいるお住まいを快適なものにしたい。
自信を持っておすすめしたい高気密・高断熱住宅のことを連日お伝えしています。

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)