デトックス効果の高い断食。家のデトックスは何か考えてみる

健康のために行う断食。では、家の断食効果とは?

こんにちは!日本中の家をもっと快適なものにしたい!冬でもあたたかく健康的に過ごせる家作り、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

昨年、店舗の新設工事をさせていただいた、オシャレ番長、前田彩子(アヤーコ)さんと引き続き、店舗の外部の工事の打ち合わせを。

芦屋にある、美眉専門サロン、Nonche(ノンチェ)

美眉、ネイルケア、などが中心。キレイになれるサロン。
オーナー様の美のカリスマでありオシャレ番長でもあるアヤーコは、なんと定期的にファスティング(断食)もされているのだとか。

帽子をかぶっている女性がアヤーコ。キレイな方です。

食べることがめちゃくちゃ好きな私には、断食なんて思いつきもしないこと。
しかし!!!!

現代人ってやはり食べすぎな方が多いのも事実。
かく言う私もそう。美味しい物を食べるのが好きです。

フルに大工として動いていたときは、食べても食べても太らなかったんですよね。
今よりもガツガツ食べてました。

でも、ここ数年、現場仕事よりもお客様との打ち合わせなど、あまり身体を動かさないことが多くなると、太る太る。
食べる量は変わらないのに、消費カロリーががくんっと落ちたら当たり前ですねーーー

ファスティング(断食)は、身体にたまった毒素を抜くのに良いそうです。
人間の身体には知らず知らずのうちに金属がたまっていたり、そういった気付かないうちにたまった体内の悪い物が、後々の病気の原因になることもあるそう。
また、身体的なデトックス効果だけじゃなく、気持ちが前向きになったりと、精神的に良い効果があるんだとか。

しかも最近、断食をされている方が回りにたくさんいらっしゃって、こぞって「いいよー」とのお声をいただきます。
こ、これは。私も断食するときがきたのでしょうか。

決心ついたら、このブログでもご報告したいと思います。

ヒトも家も、デトックスが必要

断食、ファスティング・・・デトックス。

家における断食、つまりデトックスって何だろうとふと考えました。
家の毒素を抜く。家を傷めるシロアリ退治か、詰まった配管を掃除する高圧洗浄か。

そうじゃなくて。
もっと根本的なところ。建築基準法なんじゃないかと思いました。(あくまでも個人的見解です)

我々が家を建てる際に遵守する、建築基準法。言い換えれば、建築基準法を満たせば家が建てれるということです。

意外な事実ですね、とよく言われますが、実は日本の建築基準法は世界から見るととても基準が低い。最低レベルと言ってもいいかもしれない。
従って、世界的に見ても性能の低い家作りが、日本では今も行われているのが現状です。
海外の方が日本に来られて、日本の住宅の性能の低さに驚かれることが多いのはそのためです。
世界では、家と健康の因果関係を重視し、健康に良い家作りがさかんに行われています。

特に、日本の家の性能の低さを表す「窓」。いまだにアルミサッシに単体窓が取り付けられる家は、先進国の中では日本だけではないだろうか。お隣の韓国も、中国も、窓の性能は日本を大きく上回っています。
アルミは安く、加工しやすいのが未だに窓に使われる理由かもしれません。

家を建てる時、どうしても設備(キッチン・バスルーム・トイレ・洗面)などにお金をかけがちになります。
毎日使うものだから仕方ないことかもしれません。

しかし、ちょっと発想を変えてみて下さい。
目に見えないとことなのでわかりにくいかもしれませんが、まずは家自体の性能に費用をかけること。
そうすることによって、

・寒い冬もひやっとしないあたたかい家に
・家の耐久性があがり、家が長持ちする
・家自体の性能があがると、冷暖房効率が上がるため、月々の光熱費などのランニングコストが減る
・何より、毎日快適に、健康的に過ごせる

という嬉しい効果がたくさんあります。
しっかりとした家の基礎的部分を作ることによって、家自体も健康で長持ちし、いつまでも心地よい暮らしができます。

設備は後からでも、リフォームしてグレードアップが可能ですしね。

そういった家の目に見えない所の重要性を、家を建てる側の人間が、家を建てようとされている方たちにもっともっときちんと説明しないといけないと思います。
初めての家作りの方に対して、失敗のない、居心地の良い家をご提供できるように、家の性能の重要性を説いていかないといけません。

だからこそ、日本の建築基準法のデトックス=基準の向上が必要だとひしひしと感じます。

いつまでも古くに作られたルールを基にした法律を最低基準として家を建てていては、ちっとも日本の住宅事情はよくならない。
誰だって建築コストは安いほうがいい。
けれど、その安さって、一体どこのコストを落としてるんですか?ってこと。
目に見える設備ばかりが立派でも、基本となるベースがスカスカでは住んでから苦労します。(いろんなご意見あるかと思いますが、不躾な言い方御容赦ください。)
日本中の住宅の質が、もっとより良いものになりますように。
家の中の寒さに苦しんで病気になったり、夏の家の暑さで倒れる、といった残念な事故がこれ以上起きないように。

断食と聞いて、そんなことをつらつら考えました。

しかし。。。

私自身の断食・・・・
いつかトライしたいと思います(笑)

※ファスティング(断食)に興味がある方・断食したいけどやり方がわかならい・不安のある方などは、断食のプロ、アヤーコのお店でレクチャーしてくれるようです!
私も断食するときは、アヤーコ頼みます!

NONCHE(ノンチェ)芦屋店
芦屋市大原町12-28ロザン館2F お問合せTEL0797-34-7388

本日は以上です!

◎ひやっとする家の中の寒さにお困りの方へ。
もっと家はあたたかくなります。一年中快適な室温で暮らせる、高気密・高断熱住宅作りのことなら
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

 

 

 

 

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)