オリジナルの洗面化粧台。毎日使うものだからこそ、わくわくを大切にしたい

毎日行う歯磨きや洗顔など、使うのが楽しくなる洗面化粧台

こんにちは!冬でもあたたかな部屋で暮らせる家作り。家族の健康と安心を守る、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

最近、歯がよく痛くなるな~

虫歯になりやすい人と、なりにくい人っていませんか。
私はどちらかというと、なりやすい人だと思いますーーーー。
体質だから・・、とか言い訳してみたり(笑)
「昔、釘を思いっきり歯で噛んで、食いしばって仕事してたからこんなに虫歯になりやすいのかなー」

って言ったら、

「それ、関係ないよ(笑)」と即座に笑われて否定されました(笑)

 

 

虫歯って、放置しておくととても危険なんですよね。
最近は、歯に対する教育もしっかりしてきて、虫歯の怖さや歯の大切さがよく伝えられてる気がします。

 

虫歯を放置しておくと。

膿がたまって歯茎が腫れたり。
副鼻腔炎になったり。
頭痛の原因となったり。
顎関節症になったり。
脳梗塞や脳腫瘍の原因となったり。
顔面神経麻痺になったり。
さらには、虫歯の放置で死に至る事例もあるそうです。

虫歯を長期間放置しておくことにより、最近が全身の拡散されるのが原因だそうです。

 

大切なかけがえのない「

きちんと手入れして、いくつになっても自分の歯で食事をしたいですね~

 

 

では。

 

歯のお手入れをしっかりと行うのに、使うのが楽しかったり使い心地が良かったりと、オススメな洗面化粧台はどんなのがあるのか。
毎日使うものだからこそ、お気に入りの洗面化粧台だと、日々の暮らしがもっと楽しくなりますよね。

 

洗面化粧台。

 

どこのメーカーも今は大抵良いのが出てます。
もう、甲乙つけがたく、選び方としては・・・
もう好みですね~笑

パナソニック

女性の綺麗を作るステキなお手伝いをしてくれる、洗面ドレッシング

 

リクシル

収納の使いやすさと美しい納まり。機能性も重視した洗面化粧室

 

 

TOTO

使いやすく、お掃除のしやすさや収納にこだわった洗面化粧台

 

はい。
どの商品もステキです。目移りしますね~笑

 

オリジナルの洗面台

また、オリジナルにこだわりたい方は、自分の家だけの洗面台を作ることもできるんです。

 

洗面ボウルや収納を別々に選んで、好みで組み合わせてオリジナルの洗面台に仕上げていきます。

タイルがカワイイ洗面台

 

スッキリさせたい方、木が好きな方にオススメ

 

そして、こちらは店舗の洗面台です。

こだわりは、屋久杉の板を使ったこと

これも、洗面ボウルと収納を別々に用意して、組み合わせました。

こだわりは「板」

屋久杉の板は、油分の含みが多いため、水がはねて濡れても腐りにくい非常に丈夫な木です。

 

オリジナルの洗面台作りは、海外デザインやアンティークが好きな方にもオススメ。

また、オリジナルな建材や部材探しには、ATC輸入販売促進センターを見行くと、世界の建材・部材を見ることができるので面白いです。
詳しくはこちら↓

 

アンティークな海外デザインが好きな方へ、日本最大級の世界の建材・部材が見られる展示場のご紹介です

 

ATC輸入住宅促進センター

ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟9階

大阪市住之江区南港北2-1-10

TEL06-6615-5288

時間 10時~18時

休館日 水曜日 及び 年末年始

 

ちょっとしたことなんだけど、自分の好きなテイストにしたり、こだわりを持ったりすると、日々の暮らしがどんどん楽しくなります。

私のように、歯磨きが正直面倒くさいな~(笑)、なんて思っている方も、歯磨きをするスペース(洗面台)がお気に入りのスペースだと、毎日の歯磨きが楽しくなる?!かもしれません!笑

 

 

ということで、今日は歯の大切さと洗面化粧台のご紹介でしたー

 

本日は以上です

現在大規模リフォーム進行中のS様邸。築60年以上とあって、今では珍しい昭和初期の家の造りを見れて大変勉強になります。

◎冬でもあたたかく過ごせる家作り。
自然素材をいかし、安心・安全な家を建てます。
今寒い家をあたたかくする断熱リフォームも得意です!

株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)