リフォームレポ【枚方市S様邸《3》】住宅改修、古民家・文化財修復にも使われる断熱材

築60年以上の民家のリフォーム!いよいよ完成に近づいています!

こんにちは!冬でもぽかぽかで過ごせる家作り。枚方にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

今日は、リフォームレポ。枚方市S様邸、第三回目。
築60年以上経っている民家の改装工事がほぼ完成に近づいています。

浴室の施工も完了しています

S様邸リフォームレポ、一回目はこちら↓

リフォームレポ【枚方S様邸〔1〕】リフォーム時は床や床骨組みの腐食に要注意!

リフォームレポ第二回目↓

リフォームレポ【枚方市S様邸〔2〕】改装に合わせて断熱リフォームも行うと効果的

 

今日は、私がどうしてもこだわりたかった家の断熱性能を上げるための断熱材についてのご紹介。

安心して住み継いでいただけるように、家と住まい手を守る高性能な断熱材「ネオマファーム」

今回のS様邸は築60年以上ということで、ほぼ無断熱。

家の省エネ性能について初めて基準が出来たのが昭和55年。
従ってそれ以前に建てられた家は基準がなかったため、ほぼ無断熱の家が多いです。

 

S様邸の大改装をするにあたって、こだわりたかったのが家の住み心地。
今春、新しい命が誕生する予定のS様。
赤ちゃんが健やかに元気に育ってほしいとの願いも込めて、より快適に仕上げたかったのです。

とはいえ、家のリフォームにも予算があります。
S様とご相談しながら、出来る限り断熱性を上げるように心がけました。

 

 

 

今回採用した断熱材は、世界最高レベルの断熱性能を誇る ネオマファーム

世界最高レベルの断熱性能を誇るネオマファーム

熱を伝えにくく断熱性能が高いネオマファーム。
熱に強いフェノール樹脂で、数ある断熱材の中でも世界最高レベルの性能。

  • 高い断熱性能・・薄くても高い断熱性能
  • 耐燃焼性能・・素材は熱に強く燃えにくい
  • 長期断熱性能・・長期に渡って高い断熱性能を維持
  • 環境性能・・ノンフロン発砲でリサイクルにも取り組んでいる

この4つが大きな特長です。

 

 

このネオマファームは、暑さ、寒さに悩む住宅の改修にオススメ。
その他にも、古民家の復元や文化財復元にも使われています。

  • 約300年前の古民家を解体し復元した山形県の文化財建造物
  • 東大寺綜合文化センター
  • 大原三千院 円融蔵
  • 熊野古道センター
  • 歌舞伎座
  • 遊佐町指定文化財「語りべの館」
  • 航空機
  • 新幹線(700系)
  • 牡鹿半島のための地域再生 最小限住宅「板倉の家」
  • りくカフェ(岩手県陸前高田市)
  • 秩父パッシブハウス
  • 医療用血液輸送バッグ

このように、住宅以外にもさまざまな分野で採用されています。

 

ネオマファーム施工

 

大切なお住まいを次世代に安心して住み継いでいただけますように。
しっかりと作る。

そのためにも、どの材料を使うのか?!
出来る限り高性能な材料を使って仕上げていくようにしています。

限りある予算の中でも、出来る限り家の性能を上げるように努めています。

 

さあ、いよいよ完成の時が近づいています!

完成お楽しみに!

 

本日は以上です!

【参考:旭化成建材ネオマファーム】

◎冬でもぽっかぽかで過ごせる家作り。
自然素材をいかし、安心・安全な家を建てます。
また、今寒い家をあたたかくする断熱リフォームも得意。

株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎あたたかい家作りには欠かせない窓については こちら

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)