安心・安全な家作り。自然素材の無垢材で、健康に過ごせる住空間に。

たくさんの銘木が集まる銘木市場。出来る限り良い材料に出会いたい

こんにちは!冬でもぽかぽかで過ごせる家作り。枚方にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

先日、大阪銘木市場へ行ってきました。

銘木市場というのは、全国から原木から製品までの各種銘木を一堂に集荷展示するところ。
組合員及び取引契約者の方を対象に、市売りにて販売する専門市場。

3月22日、23日と割と大きな銘木市場が開催されるということもあり、いつもより多くの原木が集まっていました。

銘木市場

銘木とは

部屋の内装に使われる木材のこと。
室内で目に見える木材、杉、欅(けやき)、檜(ひのき)など、樹種を問わず、天然の美しさをもったもの、それが銘木です。

 

昔から、天然の豊富な木材に恵まれた日本では、気候風土に合った木造建築が、主な建築様式として受け継がれてきました。

銘木の持つ、色、艶、光沢などの美しさが映える日本古来の建築の良さを引き立たせています。

 

銘木の持つ良さは美しさだけでなく、室内に使うことによって、そこに住む方に良い効果をもたらします。

そこで、銘木や天然の自然の木である無垢材の持つ良さをご紹介いたします。

木のぬくもりが感じられる家作り

家作りにぜひ採り入れたい、銘木(無垢材)の良さとは

1、なんといっても、安全の自然素材

木本来の質感や風合いを併せ持つ銘木(無垢材)は、化学物質を一切含まない、正真正銘の安全な自然素材。
安心して、室内に使うことができます。

2、室内の湿度を調整し、快適な空間にしてくれる

銘木(無垢材)は吸湿発散性に優れています。
従って、お部屋の湿度が高ければ湿気を吸い、乾燥していれば湿気を吐き出し、自然と湿度を調整してくれます。
梅雨のジメジメ、冬の乾燥に悩みがちな室内の住空間を常に快適に保ってくれます。

また、この調湿効果が家の中で結露をしたり、カビやダニの発生を抑制する手助けをしてくれます。

3、銘木(無垢材)は、断熱性に優れており室内の温度を一定に保つことを助けてくれる

銘木(無垢材)は、繊維の間に空気を含んでいます。
空気は、熱伝導率が最も低い。
従って、寒い冬は部屋の中があたたまるとそのあたたかい温度を保ち、暑い夏は涼しくなった室温がぬるくあたたまってしまうことを抑制してくれます。

鉄やコンクリートよりもはるかに熱を伝えにくいのが銘木(無垢材)です。

ですから、床材に無垢材を使うと、冬はほんわりとあたたかな踏み心地が気持ち良く、夏はひんやりと冷たい。裸足で踏むのが楽しみになるほど、床が快適になります。

4、銘木(無垢材)の持つ癒し効果でリラックス空間になる

木にはストレスを和らげる効果があることが科学的にも証明されています。

また実際に、小学校の教室で子供たちが使う椅子や机をすべて木にすると、子どもたちの集中力が向上した、という研究結果も出ています。

やさしい木の色や木目が視覚的に。
木に触れた時のやわらかな触感。
木が発する芳香成分「フィトンチッド」による森林浴効果。まるでアロマテラピーのような香りの良さ。
以上のような効果が、私たちの精神をリラックスさせ、癒し効果抜群のお部屋にしてくれます。

森に入ったり、木に囲まれた空間に行くと、心がすーっと落ち着きませんか。それと同じような作用が起きるんです。

森林浴効果!

5、身体にやさしく健康的な部屋にしてくれる

木の精油のはアレルギーやぜん息の原因となる、ダニやカビ、殺菌などの増殖を抑える効果もあります。
また、先ほど書きました木の芳香成分(フィトンチッド)に抗菌や殺菌などの作用が含まれています。

長く過ごす家の中だからこそ、健康にやさしい銘木(無垢材)はオススメの建材といえます。

 

 

もちろん、銘木(無垢材)は自然の素材。
自然のものゆえに、割れやヒビ、傷つきやすい等のデメリットもあります。

しかし、安価で使いやすいいわゆる新建材が多く使われるようになった現代の中で、銘木(無垢材)の良さが見直され、無垢材をぜひ使ってほしいという方が増えているのがとても嬉しいところです。

天然の木の独特の良さは、やはり自然のものだから味わえるものです。

銘木(無垢材)の建具、フローリング、柱や羽目板。
また、無垢材は土台などの構造材にも耐久性が高く、湿気やシロアリに強く、腐食しにくいためオススメです。

無垢材を使った家作り

銘木(無垢材)の使用例

◎日本古来の伝統建築の大規模リフォームに 詳しくはこちら

美しい日本伝統建築の改装工事

◎美しい庭が広がるお部屋のリフォームに 詳しくはこちら

床材に無垢材を採用

◎幼稚園の遊具、シンボル塔に安心安全で腐食しにくい無垢材を使用 詳しくはこちら

幼稚園のシンボル塔

◎カウンターの天板に、貴重な屋久杉を使用 詳しくはこちら

カウンターの天板に、屋久杉を採用

 

 

 

 

安心なもの、安全なもので、出来り限り質の良い素晴らしい物を。
それらをきちんとお客様にご紹介できるように、定期的に銘木市場へ行くようにしています。

これからも、銘木(無垢材)の良さを、多くの方に知っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

◎冬でもぽっかぽかで過ごせる家作り。
自然素材をいかし、安心・安全な家を建てます。
また、今寒い家をあたたかくする断熱リフォームも得意。

株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎あたたかい家作りには欠かせない窓については こちら

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)