エアコン選びと、効率よく冷房を効かせる方法とは

暑い夏も涼しく過ごすために。エアコンの選び方と効率の良い使い方

こんにちは!
暑い夏も涼しく過ごせる家作り。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

今年も猛暑になりそうですね~
暑い夏を快適に過ごすためにも、エアコンはもはや日本の住宅には必需品といえます。

そこで、今日はエアコンのお話。

まずは、これからエアコンを買おうとされている方へ。
私が思う、エアコンの選び方をご紹介します!

エアコン

エアコンの選び方

やっぱり気にしたい、エアコンの省エネ性能

暑い時期はエアコンを長時間使用することが多くなりますので、省エネ性を備えたエアコンがオススメ。
省エネの観点からいえば、
人のいる位置や運動量、滞在時間まで感知し、人や状況に応じて効率よく自動コントロールし、快適性と省エネ性を高めてくれるエアコンがいいですね~
従来の部屋全体を冷暖房するタイプのエアコンでも、気流の設計の工夫によって、ヒトに直接当てずに快適に高効率で冷暖房してくれる新機種もあります。

どちらが快適に感じるかは、人それぞれだと思いますので、好みで決めていただくといいかと思います。

お手入れがカンタンな自動お掃除機能はオススメ

また、注目したいのが「自動お掃除機能」です。
エアコンは、定期的に掃除してフィルターの目詰まりを取ったりなど、メンテナンスが不足するとエアコンの熱効率が落ちてしまいます。
ですから、長期間性能を維持するために、エアコン内部の自動洗浄があるものを選ぶこともオススメ。

エアコンの付加機能をチェックする

あとは、付加機能を見ましょう。
換気、加湿、空気清浄など。そういった機能の搭載の有無と価格を検討して選ばれると良いかと思います。

また、エアコンを取り付ける部屋の広さとエアコンの容量が合うことも、エアコン選びの大きなポイントといえます。

 

・・ということで選び方は以上です(笑)
電気屋さんに行って、直接店員さんに聞いてもらったほうがより詳しく教えてくれますね、きっと(笑)

 

さて、続いては、今ついているエアコンの効きを良くするちょっとした方法のご紹介です~

 

今ついているエアコンの効きを良くするためには?

また、今ついているエアコンをもっと冷房の効きを良くするために、オススメな方法をご紹介します。

1、エアコンのフィルターを掃除する

フィルターの汚れは、エアコンの効きが悪くなります。
エアコンの内部は、定期的なメンテナンスと洗浄をオススメします。

また、掃除していないとフィルターにカビが繁殖し、そのままエアコンを使用するとエアコンの効きが悪くなるだけでなくカビの菌を家中にまきちらしてしまうことになりますのでご注意ください。

◎エアコンの洗浄については、お気軽にお問合せください。こちら

エアコン洗浄

2、エアコンの室外機をチェックする

エアコンの室外機とエアコンの効きには大きな影響があります。
室外機が熱くなると、エアコンの熱効率が下がり効きが弱くなります。

また室外機周辺の空気の流れを遮ってしまっても、エアコンの効きが悪くなります。

従って
・室外機が直射日光等で熱くなり過ぎないように、日かげを作るなどして出来る限り涼しい環境に置くようにする
・室外機の周りは片付けておき、空気が通るようにしておく

ことがポイントです。

室外機

3、家の断熱性能を上げること

家の断熱性能が低いと、エアコンをいくら使ってもなかなか部屋は涼しくなりません。

家の断熱性能を上げるというのは
【1】壁、床、天井に高性能な断熱材を熱の逃げ道がないようにきっちりと入れること
【2】窓を高断熱化する
【3】気密性を上げる
【4】熱交換換気を行う

この4つが大きな大切なポイントです。

断熱性能の高い家は、外に熱が逃げないため、家全体を効率よく冷暖房することができます。
従って、家の作り方を工夫すると、夏でもエアコン1台28℃設定で、ムラなく家中が涼しい家にすることができます。

エアコンの効きを良くし、省エネで冷房費を抑えるためにも、家の高気密・高断熱化はオススメです。
◎今住んでいる家の高気密・高断熱化についてはコチラ

 

ということで、エアコンの話は以上です!
暑い夏も快適で心地よく過ごせるように、ぜひご参考にしてください~

 

 

 

 

本日は以上です!

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎家作りにおける「窓」の重要性をもっと知りたい方は こちら

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)