【新築】家を建てる方へ。いつでも居心地よく快適に過ごせる家作りのコツとは

家族が健康に安心して暮らせる家作りのポイントは4つ

こんにちは!
住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

このブログでも、何度も健康で元気に過ごせる家作りの大切さを書いてきました。
家の性能は、目で見えないのでなかなか伝わりにくいかもしれませんが。

・家を良い状態で長く保ち、後世に住み継ぐため
・そこに住むご家族様の健康を守るため

そのためにも、性能を重視した高性能な家作りを行うことが大切です。

では、高性能な家とはどんな家なのか?

性能の良い家とはどんな家?

大切なのは

・家の断熱性能
・家の調湿気密性能
・適切な換気計画

・出来る限り自然素材を使うこと

この4つです。

◎参考記事
・血管にやさしい家作りのこと
・寒い家・暑い家は断熱リフォームで快適な住空間に
・高断熱の断熱ってどういうこと?

 

今日はその中でも家の調湿気密性能について。

高温多湿な日本では、いつも湿気による結露の危険性にさらされている日本の住宅

ひと昔前の日本の住宅は、気密性が非常に低かったです。
おじいちゃん、おばあちゃんの家ってそういえば冬はスキマ風が入ってきて寒かったな~
なんで思い出はありませんか?

昔は家作りは「夏」を主に考えられてされていました。
暑い夏をいかに涼しく過ごすか。
従って、風の通りを良くする家作りがなされてきました。

現在は逆に、家作りは「冬」を主に考えるべき。
寒い冬をいかにあたたかく快適に過ごすか。
家の中の寒さが私たちの健康に非常に悪い影響を与えることが研究結果でもわかり、
あたたかい家作りが行われてきています。
結果、少しのエネルギーで夏も涼しく過ごせる家になります。

 

そんなわけで、「家の調湿気密性」は、過ごしやすく快適な家作りには欠かせない要素。
気密性を上げると夏が暑苦しいんじゃないか?
というイメージがあるかもしれませんが、適切な換気計画と高断熱化で、逆に夏も気密性を上げた方が涼しく過ごせます。

と言いますのも、冷房で冷やした空気が外へ逃げにくく、外の暑い空気が部屋の中へ入ってきにくくなるからです。
冬はあたたかく夏は涼しい住宅、
まさに魔法瓶ような家ですね~
また、高温多湿な日本の気候ならではの悩み、湿気からも家を守ります。

高温多湿な日本では、いつも湿気による結露の危険性にさらされている日本の住宅

その、魔法瓶のような快適な家作りに欠かせない「調湿気密性

この調湿気密性が低いと
・部屋の熱が漏れ、冬が寒く夏が熱い
・正しく換気が出来ず、空気の質が悪くなる
・防音効果が低い
・湿気の管理ができない
このように、家の性能が低くなってしまいます。

先ほども書きましたが、気密性が上がると息苦しくなるイメージがあるかもしれませんが、
実は、気密が悪いと逆に正しく換気ができなくなります。

気密性が悪い住宅は、給気と排気がうまく行えず、空気が部屋の隅などでよどんでしまいます。
空気がよどむと家は結露しやすくなるので非常に危険。
また、家の中の空気が悪くなると、そこに住む方の健康に影響を及ぼすだけでなく、すぐに眠くなってしまったりと、子どもさんの集中力をも阻害してしまいます。

反対に、気密性が良い住宅は、給気と排気がスムーズに行えるので部屋の空気質がとても良くなり、とても健康的な部屋となります。

◎参考記事
家の換気システムの重要性

このように、家を建てる上で調湿気密施工は非常に重要。

しっかりとした施工が行えるように、弊社では現場の大工もしっかりと気密施工について学んでいます。

 

現場の大工が、最先端の技術を常に学ぶ重要性

最新の調湿気密シートや気密性を上げるために必要な
強力粘着テープやボンドの勉強会へ参加してきました。

持続可能な快適空間」をテーマに、 最新の気密シートなどの勉強会に参加

 

MAGの勉強会

 

最先端の高性能な家作りを行っているヨーロッパが選んだ
調湿気密システム

建物の構造躯体を湿気から守るためには、冬でも夏にも対応できるそれぞれの対策が必要です。
冬は、建物の室内から屋根や外壁などの内部へ湿気が浸入することを抑制し、結露の発生を防止。
夏は、屋根や外壁などの内部に閉じ込められた湿気を放出することで結露の発生を防止し、怖い結露から家を守る。

湿気をコントロールしつつ、建物の気密性を上げる。
それが「調湿気密施工」です。

 

薄くて軽い調湿気密シートは、施工する大工にもとても使いやすく有難い

 

こんな風に張っていきます(見本)

 

ちなみに、このふかふかなのが断熱材↓

これが断熱材

断熱材も、びっくりする程製品が進化しています。
この、むき出しの断熱材は、昔は手で触るとチクチクチクチクかゆくてたまらなかったんですが(笑)
今は、そういったこともなくて、非常に施工しやすくなっています。
これは施工する大工にとってもやさしく、非常に嬉しいこと。

この断熱材を、適所にスキマなくしっかりと入れることで、家の断熱性能が非常に上がります。

 

真剣に勉強しています

 

これからも、
家族がいつまでも健康で、安心して長く暮らせる家作りができるように。
しっかりと頑張っていきます!

ということで、本日は以上です!

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎家作りにおける「窓」の重要性をもっと知りたい方は こちら

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)