【パッシブハウス】冬の寒さ・夏の暑さにお困りの方にオススメな家作り

家族の健康はまさに宝物。元気に過ごせる究極のエコハウスとは

こんにちは!
住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

 

先日、パッシブハウスの認定が取れる家作りを行っている、住宅の建築現場へ見学に行ってきました。

 

パッシブハウス会員でもある、鎌倉寿建築設計室の鎌倉寿さん。

パッシブハウスとは

まさに世界レベルで本質手にエコな家。
冬はあたたかく、夏は涼しく過ごせる家。
光熱費を抑え、少ないエネルギーでも一年中が
快適な室温で暮らせる工夫がなされています。

パッシブハウスクラスの家は、まさにそこに住む家族の健康を守る家。

この家作りの良さを多くの方に知っていただきたく、
私自身がもっと勉強をかさねたくて、パッシブハウスの認定が取れる家作りを行っている建築現場に行って
学ばせていただいています。

 

パッシブハウス」という言葉はまだ馴染みが薄いかもしれませんが。
まさにこれから建てられるべき家。

 

そこに住む方の健康と快適性を存分に考えられて設計されています。
ずっと元気で、家族が楽しく暮らせる家。

 

秘密は、

  • 適材適所に入れられた高性能は断熱材
    外側からも内側からも厚みのある断熱材をしっかり入れて、保温効果を高めます
  • 強粘着力のテープとシートを使って、冬はあたたかい空気を、夏はつめたい空気が外に逃げないように
    外気が家の中に入ってこないように、しっかりと気密性を高めます
  • 適切な換気計画で、24時間、家の中の空気をクリーンに保ちます。
  • 換気計画と調湿気密シートで、内部結露から家を守ります。
  • 高性能な複層窓が、熱の流出入が高い窓の断熱効果を高めます。

 

 

今回、建築中の家の中へ入らせていただきましたが、
その中の静けさに驚きました。

高性能な断熱材が分厚く入っており、複層ガラスの窓を採用しているため、
防音効果が高く、家の中の音も外に漏れにくく家の外の音も部屋の中に伝わりにくい。

土地が狭く、住宅が密集しがちな大阪などの都会では、
こういった防音効果が上がるのも住み手の方にとっては嬉しいところ。

 

 

このように、住む方にも環境にもやさしい効果がたくさんのパッシブハウス
この素晴らしい家作りを行う方たちは、
日本中の住宅が、もっと心地良く快適で、安心して健康に暮らせるものになるように
という思いを胸に、家作りに取り組まれています。

従って、自分たちの家作りのノウハウなどを惜しみなく情報共有していただける
素晴らしい仲間です。

 

鎌倉さんには、建築中の現場にご招待いただき、たくさんのことを学ばせていただきました。
ありがとうございました!

これからも、住む方の目線を第一に、
感動していただける家作りを行っていきます!

 

ということで、本日は以上です!

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎家作りにおける「窓」の重要性をもっと知りたい方は こちら

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)