【新築】夏も涼しい家作り。自然の恵み太陽にすなおな家を建てる。

暑い日差しは家の中に入る前にカットすること

こんにちは!
住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

夏を感じる暑さを感じるようになってきましたね~
寒さに震えていたかと思うと、次は夏の暑さ。

家の中が暑い」というのが毎年の夏の悩み、という方はぜひ家の中の暑さ対策を行ってみて下さいね~
(〇家の中の暑さ対策についてはコチラ 〇元気に過ごせるエコハウスつくりについてはコチラ

前回、「家の中の湿度」について書きました。

※湿度についてはこちらをどうぞ~↓

【新築】重要なのは換気計画!ムシムシしない暑くない、快適な家作り

今回は、夏の家の中の暑さのもと「日差し」について。

私は、これから家を建てる方には
パッシブハウスクラスの家作りを推奨しています。

 

パッシブハウス とは。

厳しい燃費の基準を乗り越えた家のこと。
断熱材や高性能な窓、熱ロスの少ない換気システムなどを駆使して、 寒さや暑さをガマンしない、快適さを生み出す家。
自然の力を最大限利用し、少ないエネルギーで、快適な暮らし。
日本の気候風土を利用した燃費の基準
を、パッシブハウスジャパンは示します。

パッシブハウスジャパンHPより引用)

もっと快適に、もっと心地良く、もっと健康的に。
豊かで元気に過ごせる毎日のためにオススメな、このパッシブハウスの家作り。

私がこのパッシブハウスが好きな理由のひとつが

自然に素直な家」であること。

出来る限り自然の恵み、太陽や風を上手に取り入れて、
日本の気候と風土に合った家作りを行っています。
 
たとえば夏。
暑い夏は、太陽の光をいかにコントロールするかが、
家の中の暑さを軽減させる重要なポイントのひとつ。

夏の日差しは午後からが一層強くなります。
真夏の西日は1600W(ストーブ強くらい)の威力があるとも言われています。そんな暑い日差しがまともに部屋に入ってきていたら、
どんなに部屋の冷房をガンガンにかけていても、なかなか部屋は涼しくなりません。
また、冷房費もたくさんかかってしまい、毎月の光熱費も大変なことになってしまいます。

だからこそ、これから家を建てる方は、
「太陽の当たり方」を意識して建てていただきたい。
太陽の当たり方を考慮し、窓の配置を考えてみること。
自然の恵みである太陽に素直に家を建てること。

夏の日差しの重要なポイントは家の中に入る前にカットすること。
家の中に入ってからカーテンなどで遮っても逆効果。

冷房の効きが悪くなる原因にもなりますので、ぜひ、日差しは部屋の中に入る前に遮るように。
意識していただきたいのは
家の庇↓

太陽の光を最大限に有効活用する家作りを

夏は、庇で家の中に入ってくる暑い日差しをカット。

冬は、夏よりも太陽の角度が低くなり、家に当たる日差しが変わってきます。
冬は家の中が寒くなりますので、逆に日差しをたっぷり家の中へいれたい。

大切な冬のあたたかな日差しを遮ることなく、
夏の暑い日差しをカットする。

そんな「」が重要なんです!

庇が良い仕事をしてくれます。 太陽光で地球にやさしい暮らし T様邸

 

 

既存住宅にお住まいの方へ

今お住まいの家が暑い場合は、日差しを外でカットできるものをつけることがオススメ。

すだれ・よしず・シェード・オーニング、など。
方法はたくさんありますので、各家に合わせて一番良い物を選んでいただくと良いです。

収納しやすい物にすれば、冬のあたたかな日差しを遮ることもありません。
シェードやオーニングにすれば、気になる紫外線もほとんどカットしてくれますよ~

よかったらこちらの記事をご参考に~↓

紫外線対策!部屋に入ってくる紫外線をカットする!

アウターシェードを取り付けたI様邸 

 

 

まとめ

快適な家作りのためには、自然の恵みである太陽の日差しに素直な家を建てることがおすすめです。
寒い冬には、たっぷりと日差しを家へ。
暑い夏は、日差しをカットして家の中を涼しく。

常にそこにある自然の恵みを有効に活用することで、家はもっと快適に、過ごしやすくなります。
ぜひ、これから家を建てる方はご参考にしていただけますと嬉しいです!

 

ということで、本日は以上です!

※参考記事 日当たりにお困りの方へ

5月27日(日)開催 ヒラカタ縁JOYカーニバルについてはコチラ

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎家作りにおける「窓」の重要性をもっと知りたい方は こちら

中川忠工務店は、パッシブハウスジャパン会員です。

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)