【リフォーム】お客様のためになっているかを常に考えて施工すること

地元の工務店として、地域のお客様の家をきちんと守ることができているか

こんにちは!

住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

お休みも終わってしまえば、日常がすっかり戻ってきています。

今年の夏季休暇中は現場スタッフが出動することもあったり、打ち合わせもちらほら入っていて、休んだような、休んでないような(笑)

それでも、普段とは違ってゆっくりとした時間も持つことができ、リフレッシュできました。

これから年末に向けて、どんどんと忙しさは加速していきそうです!頑張ります!!!!

休日は自然に癒されました

 

 

日中は、ほとんど打ち合わせにでていることが多いのですが、いろんなお客様のおうちにお伺いさせていただいております。

 

 

毎回、お邪魔させていただいて思うことは、
家のカタチもそこに住まうご家族様も本当に十人十色だな、ということ。
決して同じお家(同じ仕様の家、という意味ではなく)やご家族様がいらっしゃることはなく、いろいろな暮らし方があって、それぞれに思い描く家族の住まい方は違う。

だからこそ、ご家族様それぞれの気持ちや理想によりそって、
皆さんの夢が叶う、楽しい家づくりをしていきたいという想いを常に持っています。

 

そんな中で、先日お打ち合わせさせていただいたお客様(A様)のお話。

 

A様とは、以前施工していただいたお客様からのご紹介。
このようにご縁がつながるのが本当に有り難く、とても嬉しい。

 

明るいA様とはいろんなお話が弾みます。

 

その中で気になったお言葉が・・・。

 

工務店って、こんな風にいろんなことをしてくださるって知らなかったんです~

 

屋根に不具合があったら屋根工事業者さんに。
壁に不具合があったら外壁工事業者さんに。

そういったイメージが強かったとおっしゃるA様。

でも、決してそれは間違いではありません。

 

工務店は、色んな工事を統括してできる、いわゆる何でも屋さんに近いかもしれません。
家を新しく一から建てることもできますし、
フルリフォームも可能。
もちろん一部リフォームから、ちょっとした工事まで幅広く対応しています。

 

しかし。

今回A様のお話を聞いていると、
私たち工務店の良さって、ほとんど伝わっていなかったんだな~っていうこと。
ちょっと、・・いえ、かなり猛省していました。

 

 

家にまつわるすべての工事を統括できる工務店の良さの一つに、
トータルで家の管理ができるところがあります。

 

 

 

家は築年数が経過してくると、どうしてもメンテナンスや補修が必要になってきます。

以下、A様が実際に経験されたお話なんですが。
そろそろメンテナンス時期ですね、ということで
外壁塗装そろそろですよ~
とアドバイスをいただいた外壁塗装業者さんに、壁の塗り替えをしていただいたそうです。

A様のおうちのご近所様たちは、ほとんど同時期に建築された家が大半だそうです。
ですから、外壁塗装のタイミングも、何かしら水廻り設備に不具合が出てくるのも、大抵同じような頃。

ご近所の方とお話されていて、
うちは外壁塗装と一緒に屋根も塗り替えしてもらいましたよ~

という話を聞いて、A様は大変驚かれたそうです。

そう、外壁の塗り替えと屋根の塗り替えって、ほとんど一緒にすることが多いんです。

なぜなら。
・外壁と屋根のメンテンナンス時期はほとんど同時期になることが多い
(壁や屋根の材質、家の状況にもよります)
・外壁塗装にも、屋根塗装にも足場が必要になるので、一緒にすることによって足場を組むコストを削減できる

一番のメリットは、せっかく足場を組むので、一緒に塗り替えを行うことで
足場工事代が何度もかからないですむ、という点。

足場を組むのにはどうしても費用がかかります。

ですから、せっかく足場を組むのですから、
そのときにやれる工事があれば、一緒に行うことをオススメしています。

樋などのメンテナンス、その他足場が無いとできない工事は同時にする良いですね。

もちろん、必要の無い工事はする必要はありませんが、
建築の専門家として、お客様のために良いな、と思うことであれば
ご提案すべきではないかな~と思います。

 

A様も、屋根と外壁の塗り替えを同時期にするという発想がなく、
「足場の費用が二回もかかるんだったら一緒にやればよかったわ~」、とおっしゃっていました。

 

勝手な想像ではありますが、恐らくその業者さんは、自分の担当の工事だけできれば良いと思ったのか、
または、屋根まですると当然工事費用が上がりますので、自分たちの工事ができなくなったら、と懸念したのか。

いすれにしろ私からすると、なんと不親切な業者さんなんだろう、、、と感じてしまいます。
もちろん、屋根の状態を見て、一緒にする必要がなければやらなくてもいいのですが。
せめてメンテナンスしてあげたらよかったのに、と思います。

また、塗料選びも心配なところ。
外壁や屋根の塗り替えに使用する塗料も、安価なモノから高価なモノまであります。
高価なものを選べ!とまでは言いませんが、安易に安価な塗料を選ぶのも要注意です!
塗り替え直後はキレイに見えても、数年後の持ちがどうかはわかりません。
そのときに、「塗っていただいた業者に連絡しても、連絡がつかない!」というご相談を頂戴したこともあります。

常に紫外線や雨風にさらされている壁や屋根。
家を守る大事な外部は、耐久性の高い、自然環境の影響に強いモノを選ぶことをオススメします。

 

やっぱり、

それが本当にお客様のためになっている?

って、いつも自問自答することって大事だと思います。

 

お客様の大半は建築に関して素人。
専門家である工事業者が、出来る限りお客様のためになることを
きちんとわかりやすくご説明して、安心して工事を任せていただけるようにしないといけません。

 

自分の専門工事じゃないからいいや、
では、済みません。

 

 

 

もっと、工務店としてお客様にできること。
工務店がある意味、その価値、役割、信頼、、、。

それを必要としている方に、必要な情報が、安心して届くようにすること。

A様のお話を聞いて、襟を正す思いで今一度気を引き締めないと!と思いました。

 

 

本日は以上です!

【参考記事】
エアコンの効きをよくするための5つの方法
・窓の換え方はコチラ

 

家の中が暑すぎる、寒すぎる・・。
もう我慢せずに、ご相談ください。

 

 

あなたが思っている家の快適って、思い込みかもしれません。
本当に快適な温熱環境の家で過ごすと、
今までの家での心地よさが、めちゃくちゃ変わります!

◎今暑い家を涼しくする 断熱リフォームについてはコチラ

・高性能な家作りについてはこちら

パッシブハウス ◎高気密・高断熱

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎家作りにおける「窓」の重要性をもっと知りたい方は こちら


中川忠工務店は、パッシブハウスジャパン会員です。

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)