すきま風の寒さにお悩みのルーバー窓は、窓リフォームがオススメ!

 部屋の寒さ対策に、暖房器具を買い足すよりもオススメな“窓リフォーム”

こんにちは!

住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

どんどん秋が深まってくるのを感じる今日この頃。
朝晩がひやっとしてきて気持ちよいですが、寒いのは苦手です。

外に出て寒いな~って感じることは仕方ないことですが、
家の中で寒さは出来れば感じたくない。

おまけに、室内の寒さは身体に大きな負担をかけます。
あの、ひやっ!とする感覚です。
血圧の急上昇や低下など、血管に負担をかけてしまうのがあのブルブル身体を震わせる寒さ。

身体に負担をかけない、冬でもあたたかく、ずっと元気で過ごせる家を建てることが私の使命だと思っています。

 

そして。

 

家の寒さの原因が「窓」にあることも、じわじわと認知度が高くなってきています。

「窓」のご相談も増えてきました。

 

先日いただいたご相談は、浴室のルーバー窓。

ルーバーというのはこんなやつです↓

 

 

ルーバー窓

ルーバー窓は
隙間をあけることによって、目隠し効果、防犯効果を保ちつつ風や光を採りこめる窓です。

ひと昔前は、換気が大切な浴室などによく使われていました。

◎このルーバー窓って、冬になると外の冷たい風が家の中に入ってくる原因となり、浴室や部屋を寒くしてしまうんです◎

そんなわけで、「このルーバー窓の部分がかなり冷えるので何とかしたい

というご相談を頂戴いたしました。

特に浴室は、ヒートショック事故(※)が発生する危険性が高い場所。
浴室が冷えてしまう窓の対策は、本格的に寒くなる前に行うと良いです!

※ヒートショックとは、急激な温度の変化によって血圧が乱高下したり、脈拍が急激に変動すること。
その結果、脳梗塞、心筋梗塞、脳出血など、重篤な病を引き起こす原因となります

 

ルーバー窓の断熱性を上げるには?

 

ルーバー窓の寒さを軽減するためには、ルーバー窓から入ってくるスキマ風をや伝わる冷気を出来る限り抑制することがオススメ。

 

 

 

 

 

一見オシャレでいいんですが、冬になると寒さの原因となってしまう、ルーバー窓

一番のオススメ方法は、かんたんマドリモ

マドリモは、今ある窓枠に新しい枠をかぶせて窓を取替えたり、今ある窓を生かして二重窓にすることができる窓のリフォーム。

特長としては、既存の壁を壊さずにリフォームできること!
工事費用も抑えられ、かつ、施工時間もスピーディ。
窓のせいで部屋が寒いのがお悩みの方に、おすすめのカンタン窓リフォームです。

◎詳しくはコチラをご覧ください。

窓って意外とカンタンに換えられます

 

 

私は、

家の寒さ対策に、強力な暖房器具を買うよりも、
まずは家の窓の断熱性を見直してみることが大事だと思っています。

断熱性の低い窓(アルミサッシに単体ガラスの窓、など)のままで、いくら暖房をガンガンかけても、
穴の空いたバケツに水をじゃぶじゃぶ流すようなもの。
これでは、水はいくらまってもたまらない=部屋もなかなか暖まらないんですね・・・。

窓が変われば、暮らしが変わります。

ご相談いただいたお客様宅も、しっかりと窓リフォームを行って、
冬でもあたたかくご入浴いただける浴室を目指していきます!

 

◎内窓の施工事例についてはコチラをご覧ください
防音効果も高まる内窓

内窓は家の中の寒さ対策に。結露抑制・防音・防犯効果もあり

◎内窓ってこんな効果があるんですよ~
健康で快適な暮らしに欠かせない、断熱性の高い窓

 

本日は以上です!

【参考記事】
今寒い部屋をなんとかする断熱リフォームについてはコチラ
・窓の換え方はコチラ

 

家の中が暑すぎる、寒すぎる・・。
もう我慢せずに、ご相談ください。

 

 

あなたが思っている家の快適って、思い込みかもしれません。
本当に快適な温熱環境の家で過ごすと、
今までの家での心地よさが、めちゃくちゃ変わります!

◎今暑い家を涼しくする 断熱リフォームについてはコチラ

・高性能な家作りについてはこちら

パッシブハウス ◎高断熱・高気密

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎家作りにおける「窓」の重要性をもっと知りたい方は こちら


中川忠工務店は、パッシブハウスジャパン会員です。

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)