寒い冬はヒートショックによる家庭内事故が起きやすい浴室に注意!

在来工法にタイル貼りのお風呂は寒い?!

こんにちは!

住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

 

秋も深まり寒い冬がすぐそこまでやってきています。
寒い冬が来る前に、おうちの寒さ対策お済ですか??

身体を冷やすことは私たちの健康に良くないってことは、なんとなく皆さんご存知だと思います。
低体温は万病の元。

冷えの中でも怖いのが
・知らず知らずにうちに身体が冷えている
・急激な温度差を感じること

この二つ。

たとえば、リビングでついついうたた寝してしまって、暖房も切れてて部屋が寒くなっていて、起きたら身体がぶるぶる冷えてしまった・・・、とか。
知らず知らず冷え

寝ている真夜中にトイレに行きたくなって、あたたかい布団から寒い廊下やトイレに行ってぶるぶる冷えてしまった・・・、とか。
急激な温度差

 

こういった、冬季に家の中で感じる“冷え”は、私たちの気付かないところで健康に良くない影響を与えています。

 

ポイントは、「家中ムラなくあたたかく保つこと

 

特に、浴室は寒い脱衣室や浴室から急にあたたかな湯船に浸かることで身体に急激な温度差が発生し、ヒートショックを引き起こす可能性があります。
あたたかな浴室と脱衣室を作ることが大切なんですね~

 

前置きが長くなってしまいましたが。
これから“本格的に寒くなる前に注意しておきたい浴室”ついてご紹介します。

おふろ

 

気をつけたいのは、築年数が相当年経過している在来工法にタイル貼りのお風呂

在来工法のお風呂

現在のお風呂のタイプは、大きくわけて
・在来工法
・ユニットバス
という2つの建築方法があります。

在来工法は、古くから日本で行われている、床や壁でタイルを貼ったお風呂場の建築工法。
在来工法の浴室は、下地材で防水を行い、その上にタイルなどを貼って仕上げていきます。

在来工法は、施主様が自由にデザインし、好きなサイズも選べて浴室を作れるところが最大のメリット。
オリジナルのお風呂を作りたい方や、リフォームなどでサイズに制約がある場合は在来工法がオススメ。

但し、在来工法のお風呂の場合は、年数の経過と共に水漏れや腐食の可能性があることに注意しなければなりません。
経年劣化とともに・・
・防水が切れると漏水する危険性が出てくる
・タイルの目地にカビが生えやすい
・継ぎ目のゴムの部分(コーキング)が劣化してくる
・タイルがヒビ割れる可能性がある
などの不具合が出てくるため、一定のメンテナンスが必要になってきます。

また、数十年前の在来工法のお風呂は、断熱施工が充分に出来ていないケースが多く、「冬季のお風呂がとても寒い」というお悩みをたくさん頂戴します。
タイルは一度あたたまると保温効果もありますが、あたたまるまで時間がかかる、というのが難点。
つまり、タイル貼りのお風呂は非常に冷えやすいんです。

従って、在来工法で浴室を作る場合は
浴室の寒さ対策をしっかりと!

そして、今在来工法にタイル貼りのお風呂で冬季の寒さにお悩みの場合は、
次にご説明します、ユニットバスにされても良いかもしれません~

 

お手入れがしやすく漏水のリスクも軽減できる、ユニットバス

ユニットバス

“ユニットバス”とは、浴槽、床、天井のつなぎ目部分が一体化されている浴室のこと。

あらかじめ工場で浴槽、天井、壁、床などを製造し、現場で組み立てて設置するため
工期が短く、かつ人件費が少なくて済みます。

ユニットバスのメリットといえば
・防水性が高く、漏水の可能性が低い
・お手入れ、掃除がしやすい
・在来工法に比べて、浴室が冷えにくい
・滑りにくく、段差を少なくし、小さなお子様や高齢者の方に使いやすいお風呂を選べる

冬季の寒さにお悩みの場合は、断熱工事をしっかりとしておけば、冬の寒さをかなり軽減することができますのでオススメ。
今はとても良い性能のユニットバスが出ており、冬でも床がほんわかあたたかいものや、浴槽のお湯が冷めにくい魔法瓶浴槽なども。

ユニットバスのデメリットといえば、在来工法のようにイチから素材を自分で選んでオリジナルのお風呂を作ることは難しい・・・、という点がありますが。
それでも、様々なメーカーから多種多様なお風呂が出ていますので、
価格と性能を考慮しながら選ぶことが出来ます。

あとは、サイズがある程度決まっているため、
特殊な大きさの浴室だと合うユニットバスがない、かもしれないというのもデメリットの一つ。
サイズを合わせたい場合は、タカラのぴったりサイズなんかがオススメ。
(詳しくは ・ぴったりサイズの伸びの美浴室 ・ぴったりサイズ

 

まとめ

一日の疲れを癒す場所でもあるお風呂。
冬季の急激な寒暖差で、命を危険にさらしてしまう場所にならないように、冬でもあたたかくご入浴いただける浴室を作っていきます。

ということで、本日は以上です!

【参考記事】
今寒い部屋をなんとかする断熱リフォームについてはコチラ
・窓の換え方はコチラ

 

家の中が暑すぎる、寒すぎる・・。
もう我慢せずに、ご相談ください。

 

 

あなたが思っている家の快適って、思い込みかもしれません。
本当に快適な温熱環境の家で過ごすと、
今までの家での心地よさが、めちゃくちゃ変わります!

◎今暑い家を涼しくする 断熱リフォームについてはコチラ

・高性能な家作りについてはこちら

パッシブハウス ◎高断熱・高気密

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

◎家作りにおける「窓」の重要性をもっと知りたい方は こちら


中川忠工務店は、パッシブハウスジャパン会員です。

プロフィール

棟梁中川
棟梁中川
中川忠工務店の代表取締役社長。2級建築士。祖父が中川忠工務店の前身となる中川工務店を創業。父である現会長が昭和51年に株式会社中川忠工務店を創立。幼い頃から父の仕事をする姿を見て育ち、自身も20歳のときに中川忠工務店へ入社。厳しい下積み時代を経験。現場で大工の腕を磨き、平成15年、代表取締役社長へ就任。現場で培った技術と知識を武器に、みなさまのよりよいお住まい作りをサポートします。好きな建築は“和風建築”。近年は、いつまでも健康に過ごせるエコハウス作り、そして、資産価値の下がらない住宅作りに注力しています。木へのこだわりは人一倍強いです。ぬくもりあるお住まい作り目指し、今日も長尾を自転車で回っています(笑)